妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中に歯の治療はいいの?レントゲンや麻酔がダメ?

スポンサードリンク





f:id:snoopyok:20180708091257j:plain

妊娠中に歯の治療をしてもいいの?

と悩んでいませんか?


・妊娠前から歯の治療をしていて今回は妊娠中なので麻酔はしませんでしたが

レントゲンは撮りました。あとはかぶせものの型を取ってかぶせて終わりだと

思うのですがこのまま治療を続けていいのでしょうか?


・妊娠前から歯医者に通院していて5週の頃に麻酔をしました。

医者には妊娠と報告してあって、大丈夫と言われました。

その後、セカンドオピニオンとして歯医者を二箇所受診

しました。

そこの一つの歯科で、産婦人科の先生にレントゲン大丈夫か

確認してと言われ確認したところ大丈夫と言われてそれぞれで

一回ずつレントゲンを撮りました。そこの一人の先生が、妊娠中や

授乳中に対しての外科的治療やレントゲンに反対というかできるだけ

やらない方がいいと言う考えみたいでかなりしつこく、あってはならない事だけど

もし、産まれてきた赤ちゃんに何かしらの奇形などがあっても訴えたりしませんか?

的な事を言われました。。そこまで言われると不安です。同じようにレントゲンを

撮った人はいますか?


・歯科医の先生が、本当は歯を抜いて直接濃を除去する作業をしたいが

妊婦だから麻酔が出来ない。私自身いま歯に痛みがないようだから

歯に銀歯を詰めてしまい、子供を産んで落ち着いたら、麻酔を使う治療を

する話しでした。でも今とても痛いです。妊娠中麻酔や抜歯はダメなのでしょうか?


妊娠中に歯医者で麻酔やレントゲンをしたら子どもに影響があったら

どうしようと思ってしまいますよね。


でも、妊娠中歯の治療をしなくておいといて痛くなるのも

困りますよね。


ということで今回は妊娠中の歯の治療について書いていきます。

妊娠中に歯の治療はできるのか?

結論から言うと妊娠中の歯の治療はOKです。

妊娠初期でも大丈夫なようですが妊娠初期は

つわりで体調が不安定ですので安定期がおすすめかと思います。

妊娠中の歯科でのレントゲンや麻酔は大丈夫?

妊娠中の歯科治療のレントゲンは腹部からも離れていますし

お腹の赤ちゃんへの放射線の影響は無視できるレベルです。


さらに防護エプロンの着用で被爆量を減らすことができます。

ただし、必要最低限にとどめるべきでしょう。


麻酔はというと歯科で使われる局部麻酔で妊娠時に投与され

奇形が発生したという事実はありません。


しかし、妊娠12週までは器官が形成される時期ですので

避けた方がいいでしょう。

やってはいけないこと

妊娠中だからといって歯科に行かないこと。

妊娠中は歯周病菌の増加により歯周病になりやすく

歯周病が進んだ妊婦さんは低体重児、早産の比率が高く

なるとも言われています。


なので妊娠中でも早めに歯科に行くことをおすすめします。

まとめ

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすくなる時期です。

歯の詰め物や薬や抜糸も妊娠中は問題ありませんので

ちゃんと妊娠中ですと告げて治療してもらうようにしましょう。