読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中にアロマを使いたい|使えるアロマで妊娠生活を楽しもう

アロマ

f:id:snoopyok:20170217072244j:plain

妊娠中にアロマを使ってはダメなの?

と悩んでいませんか?

ローズマリーのアロマオイルを知らずに
使っていたのですが赤ちゃんは大丈夫でしょうか?

・妊娠中使用しないほうが良い精油
いくつかあるのは知っていたのですが、
ペパーミントの与える作用について教えて下さい。

・ペパーミントは、妊娠中には良くない成分の
ようですが、2、3分ほど使用した場合も
なにか害はあるのでしょうか?



妊娠中は疲れやストレスがたまるので
アロマテラピーでもしてリフレッシュ
したいですよね。

でも、問題なのは妊娠中にアロマを
使う場合注意しないといけないことが
あるのです。

妊娠中は使ってはいけないアロマがある?

下記の作用があるアロマは使うのはよくない
とされています。
通経作用のあるもの
「通経作用」といって、生理を促し
生理不順を改善する作用があります。
少量月経や希発月経にも効果があると
言われています。

子宮の中のものを押し出す作用がありますので
妊娠初期は特に注意が必要です

通経作用のあるアロマ
・クラリセージ
・サイプレス
・シナモン・カッシア
・ラベンダー
・カモマイル・ローマン
・ローズ
ローズマリー

ホルモンバランスを整える作用のあるもの


精油には、女性ホルモンと似たような働きをして
生理痛を緩和したり、更年期障害による深いな症状を
和らげたりするものがあります。

ただし、妊娠中はホルモンバランスを乱れる可能性が
あるので使用は控えてください。

ホルモンバランスを整える作用のあるアロマ
・クラリセージ
フェンネル
・アニス
スターアニス
・セージ
・ニアウリ

子宮を強くして分娩を促す作用のあるもの
臨月になれば使っても問題ありませんが
それまでは使用を控えたいのが
分娩促進作用のあるアロマです。

子宮の収縮を促進し、分娩を促す作用が
あるためです。

分娩促進作用のあるアロマ
ジャスミン
クローブ
・サイプレス
・シナモン(葉)
パルマローザ

香りを嗅いで、鼻から入る香りの成分の量
くらいで分娩が促進されることはないのですが
念のため出産間近のママ以外は使わない
方がいいでしょう。

逆に、分娩を促進したい場合には
マッサージオイルを作ってお腹や腰に
塗ることで子宮の収縮を促し、出産が
スムーズにすすみますよ。

血圧上昇作用のあるもの
妊娠中に高血圧になると赤ちゃんに影響を
与えるので注意が必要ですよね。

精油には血圧を上昇させるものもあるので
注意が必要です。

血圧上昇作用のあるアロマ
・ペパーミント
・アルベンシスミント

低血圧の人は大丈夫ですが血圧が高めの人は
使わないほうがいいでしょう。

ただ、ミント系の香りはつわりや吐き気の
辛さを和らげる作用もあります。

血圧に問題がなく、ミント系の香りが好きで
少しでもこの香りで楽になるのなら、香りを
楽しむくらいなら大丈夫です。

妊娠中でも使えるアロマ

妊娠中はアロマを使ったらいけないのかと
いうとそんなことはありません。

使っていいものは下記になります。
妊娠中のストレスを和らげるもの
ストレスを和らげて気持ちを明るくしてくれる
アロマです。

柑橘系のアロマは通経作用の心配がないので
安心して使える精油です。

リラックスにも気分転換にも使えます。
ただし、マンダリンとオレンジスイート以外は
「光毒性」があるので塗ってから4~5時間は
紫外線に当たってはいけません。

ベルガプテンという成分が紫外線に反応して
炎症を起こしたりシミの原因になるからです。

リラックス作用のあるアロマ
コリアンダー
ゼラニウム
ネロリ
・プチグレン
フランキンセンス
ベルガモット
・マンダリン
・リトセア
・ローズウッド

リフレッシュ作用のあるアロマ
・グレープフルーツ
・レモン
レモングラス

リンパの流れをよくしてむくみを解消するもの
妊娠中は大きくなったお腹に脚の付け根などが圧迫されるので
血液やリンパの流れが悪くなり、脚もむくみやすくなります。
むくみの解消に有効だとされるアロマが下記になります。

リンパや静脈の流れを良くする作用のあるアロマ
・パチュリ
・ジュニパー
吐き気を抑えるもの
妊娠初期のつわりや、後期になっても
大きくなったお腹に胃を圧迫されて
吐き気を感じることがありますよね。

吐き気を抑えたり、胃腸の働きをよくしながら
消化を促進してくれるアロマが下記になります。

★吐き気を抑える作用
・ジンジャー
タラゴン

★消化促進作用
・ジンジャー
・セロリ
・ペッパー

やってはいけないこと

自分に合わないアロマを使うこと。
つわりに効くからと使っていても
無理やり使っていると
ストレスになるだけですので
使用は止めましょう。

まとめ

妊娠中のアロマは使ってはいけないものも
ありますが使えるものをうまく使えば
つわりやストレスの軽減になりますので
うまくアロマを使って妊娠生活を
楽しいものにしていきましょう。



快適スルン