妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中にインフルエンザになった!|〇〇にならなければ胎児への影響はない

f:id:snoopyok:20170208180626j:plain

妊娠中にインフルエンザになってしまった!

と悩んでいませんか?

・妊娠中にインフルエンザに感染された方に
質問です。 不安はありませんでしたか??
・インフルエンザにかかったり、イライラしても
普通の元気なお子さんが産まれましたか?
逆に障害のある子が産まれましたか?
・妊娠中インフルエンザで高熱。胎児への影響を
教えてください!

妊娠中にインフルエンザになったら
赤ちゃんに影響があるのではないかと
不安ですよね。

処方された薬も胎児に影響があるのではと
心配になりますよね。

実は、インフルエンザにかかっても
赤ちゃんへの影響はないとされています。
ですが、胎児に影響を与えてしまうこともあるのです。

<h2インフルエンザが重症化すると大変なことに

インフルエンザに感染しても胎児への影響は
ないと書きましたが影響が出る場合も
あります。

それは、妊娠28週以降にインフルエンザに
感染して重症化した場合です

重症化した場合、双極性障害(躁鬱)のリスクが
上がる可能性があります

また、WHOからの勧告によると重症化すると
「集中治療室を必要とする確率が、一般集団より10倍高い」
「妊娠28週以降で、特に重症化の危険が高い」
と言われています。

妊娠中のインフルエンザか感染は赤ちゃんへの影響は?

妊娠中のインフルエンザ感染が赤ちゃんに対して影響を
与えるかどうかについて、厚生労働省は以下のような
見解を示しています。
> 新型インフルエンザおよび季節性インフルエンザの
> いずれに母親が感染しても、ウイルスそのものが胎盤を通って胎児に
> 影響することはないと考えられています。ただし、季節性インフルエンザで
> 非常にまれにウイルスが胎盤を通って胎児に
> 影響することがあるとの報告もあります。(※)

なのでインフルエンザによる影響は基本的には
ないと考えられます。

ただし、万が一のことを考えて感染しないように
予防し、かかってしまった場合は早めに病院へ
行くようにしましょう。

妊娠中のインフルエンザを予防するには

予防接種
妊娠中に予防接種を受けてもいいのか
不安になるかもしれません。

現在日本産婦人科学会で妊婦さんへの
インフルエンザワクチンは、安全性と
有効性があると発表されています。

インフルエンザワクチンはごくわずかながら
卵の成分が含まれていますので卵アレルギーの
人は医師に相談してみてください。

インフルエンザの予防接種を受けることにより
インフルエンザに感染したとしても重症化などの
リスクを抑えられ、予防接種による胎児への
影響もありません。

遅くても妊娠26週までにインフルエンザの
予防接種を受けるのをおすすめします。



十分な睡眠をとる
十分な睡眠をとることで、免疫力を少しでも
上げることができます。
妊婦さんがしっかりとまとまった睡眠をとればとるほど
インフルエンザに感染するリスクを減らすことが
できます。

手洗いうがいをする
毎日の手洗いうがいも大切です。
特に外出から帰ってきたときなどに毎日
欠かさず行うことでインフルエンザを
予防できます。

外出するときはマスクをする
お出かけする時は、時間帯などを考えると
同時にマスクを着用しましょう。
感染を防ぐのにとても効果があります。

部屋を加湿する
空気が乾燥すると喉の粘膜が弱くなり
感染しやすい状態になってしまいます。
部屋の湿度を50%〜60%に保つようにしましょう。

不要な外出をさける
人が多い場所への外出はできるだけ控えるようにしましょう。
妊娠中は抵抗力が下がっているので、病気を
もらいやすい状態ですので気を付けましょう。

まとめ

妊娠中は通常よりも免疫力が低いため
インフルエンザに感染すると
重症化しやすくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまったら
急いで病院へ行き、薬を飲んで重症化しないように
しましょう。



参考文献
※:厚生労働省 新型インフルエンザ対策 妊娠中の人や授乳中の人へ

快適スルン