読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中におりものがよく出る!|少しでもいつもと違うおりものなら病院へ

おりもの

f:id:snoopyok:20170120223512j:plain

妊娠中におりものがよく出る!

と悩んでいませんか?

・20週なんですが、お風呂に入った時や排便などの
腹圧をかけた時などだけにドロっとしたおりものが出ます。
そんな時ありましたか?
・妊娠してからおりものの量は少し増えましたが
ずっと黄色です。かゆみなどはありません。
どちらかといえばサラサラ〜少し粘液のような感じです。
おりものシートに鼻を近づけると生臭い臭いがします。
おりものの黄色は感染症だと聞きました。ですが妊娠してから
ずっと黄色でかゆみもないので心配いらないのでしょうか??
・おりものの量とにおいがひどく悩んでいます。ひどいときは
半日もせずに座ってるだけでにおいがするようになります。
色は白から黄色で、水っぽいというよりはトロッとしています。
健診までに1度診てもらった方がいいのでしょうか。



妊娠中のおりものって気になりますよね。
なにか身体に異変が起こってるのかもと
思ってしまいますよね。

問題なのは色やにおいが強い場合は
膣炎になっている場合があるという
ことなんです。

ということで今回は妊娠中のおりものに
ついてと注意すべきおりものについて
書いていきます。

おりものとは?

おりものとは、子宮や膣、汗腺などの分泌物や
古くなった細胞などが混ざり合った
粘液のことを指します。

おりものには大きく2つの役割があります。
ひとつは細菌や雑菌などが子宮に侵入して
繁殖するのを防いで膣内を清潔に保つ役割です。

おりものが分泌されることにより、悪玉菌が
膣内で繁殖することは難しくなります。

もうひとつは精子が子宮内に進入しやすくして
受精を促す役割です。

妊娠中のおりものについて

おりものの重要なはたらきのひとつは、膣内に細菌が
繁殖することを防ぐ「自浄作用」です。

妊娠すると生理がなくなりますので、生理時の出血に
起因する細菌の繁殖の可能性は減ります。

そのため妊娠中はおりものの量がやや少なくなる
傾向にあります。

しかしその一方で、ホルモン分泌の変化により体調を
崩したりストレスが溜まってしまうことから、おりものの
量が増えることもあります。

妊娠中のおりものは増える?
妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモン
プロゲステロン)の分泌が活発になり
卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用で
さらにおりものの量が増えます。



おりものの状態は?
粘り気のあるおりものから、サラサラした
水のようなものに変化します

色はどうなる?
透明だったものが白色~クリーム色に
変化します。

においは?
細菌の侵入を防ぐために、おりものは酸性に
なっているので少しすっぱい臭いがします。

ただし、妊娠すると酸性度が弱まるので
すっぱい臭いが少なくなります。

妊娠中の注意したいおりものとは?

妊娠中に注意したいおりもののサインとしては
以下となります。

黄色、緑色、黄緑色、灰白色の場合は、膣炎や感染症
起こしている可能性があります。

また、茶褐色・ピンク色は血が混ざっていて
切迫流産や切迫早産の危険性があります。



におい
少しすっぱい臭いがするくらいなら通常の
おりものですが、生臭く、激しい臭いがする場合は
感染症の可能性があります。

状態
白くポロポロしたカッテージチーズのようなものが
出てくるようならカンジダ膣炎の可能性があります。

細かい泡状になっていればトリコモナス膣炎
可能性があります。

やってはいけないこと

おりものを毎日チェックせず気にしないこと
妊娠するとおりものが増えるのは事実ですが
おりもののにおいや色を日頃からチェック
しておかないと体の異常にすぐ気付けませんので
おりものはちゃんとチェックしましょう。

まとめ

おりものは健康のバロメーターですので
妊娠中でもしっかりチェックしましょう。
日頃から自分のおりもののにおいや色は
把握しておきましょう。



快適スルン