読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中に肌が荒れた!|肌荒れの原因と必ずやりたい2つの対策

肌荒れ

f:id:snoopyok:20170111213742j:plain

妊娠中に肌が荒れた!

と悩んでいませんか?

・妊娠中の肌荒れに使用する化粧品は化粧水のみを
使うのとクリームのみを使うのと、両方使うのとどれがいいのでしょうか。
・何か妊娠中の肌荒れにこれがよかった!という物が
あれば教えていただきたいです。
・妊娠中なのですが生理の時と同じくらい肌荒れが酷いです。
皮膚科にいこうとおもうのですが、どのくらいお金かかりますか?
また、市販薬でニキビにいいものがあったら教えて欲しいです。

妊娠中は肌荒れしやすくなりますよね。
問題なのはつわりがひどい妊娠初期が
肌荒れがひどいということなんです

ということで今回は妊娠中に肌が荒れるという
原因と対策について書いていきたいと思います。

妊娠中の肌荒れの原因

ホルモンバランスの乱れ
妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが増加し
それが肌荒れの原因になるといわれているんです。

ホルモンバランスが乱れると肌の水分量が崩れ
乾燥肌になったり脂性肌になったりと肌質が
偏りやすくなり肌が敏感になります。

しかし、プロゲステロンは赤ちゃんが成長するよう
子宮を整える役割を持つ必要不可欠なホルモンで
出産まで分泌され続けるので、ホルモンバランスの
乱れは妊娠すると避けることはできません。

ターンオーバーが乱れやすくなる
ホルモンバランスが変化することによって
肌のターンオーバー機能も乱れてきてしまいます。

正常にターンオーバーが行われなくなってしまうため
古い角質が皮膚にずっととどまったままになるのです。

栄養の不足
妊娠中は胎児の成長のために優先的に
ママの体よりも胎児に栄養が回されます。
そのため、ママの体内は栄養不足になります。
また、つわりの時はただでさえつわりで食事ができず
栄養が不足しやすいのでママの体は栄養不足
になりやすいです。

便秘による肌荒れ
妊娠中ホルモンバランスが変化すると便秘に
なりやすくなります。

便秘によって腸内が排出すべき老廃物が体の中に
留まるようになり有害ガスが発生してしまいます。

それが体に吸収されてしまい肌の吹き出物が
出てしまうというわけです。

妊娠中の肌荒れと対策

敏感肌用のスキンケア製品を使用する
敏感肌用のホルモンバランスが変わったことにより
妊娠中は肌が過敏です。
それなのにいつも通りのスキンケアをしていると
肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

化粧品に含まれている成分でも刺激を感じることが
あるため 敏感肌用などの刺激の少ない基礎化粧品に
切り替えるのが いいでしょう。

敏感肌用の化粧品にはアルージェやキュエルなどが
あります。

皮膚科へ行く
市販の化粧品を使うのが怖いという人は
皮膚科に行って診てもらうのがいいでしょう。

皮膚科へ行っても妊娠中は肌荒れはなかなか治りませんが
ニキビ予防よりも保湿をして跡が残らないようにとのことでした。
初診料と保湿剤(ヒルドイド)で2000円くらいでした。

実際出産した次の日からみるみる肌が綺麗になりました!
1週間もすれば肌の赤みは落ち着きお食い初めの時には
すっかり綺麗になっていたと思います。

やってはいけないこと

肌荒れしているのに今までのスキンケア商品を
使い続けること。

肌に合わないスキンケア商品を使い続けると
ますます肌荒れを悪化させる可能性がありますので
敏感肌用のスキンケア商品にしましょう。

まとめ

妊娠中の肌荒れは初期に多いですが妊娠中も
ずっと肌荒れが続く場合があります。

しかし、出産後は治る場合が多いですので
敏感肌用のスキンケア商品を使って
保湿に重点をおいてしっかりスキンケア
をしましょう。



快適スルン