読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中にステロイド軟膏を使ってもいい?|安全性が確認されてないのも事実

f:id:snoopyok:20170119230532j:plain

妊娠中にステロイ軟膏を使っていいの?

と悩んでいませんか?

・妊娠中継続してステロイドを使用しても
大丈夫なのでしょうか?
・妊娠中、ステロイド軟膏は塗っても大丈夫ですか?
・妊娠中にステロイド剤(ステロイド軟こう、錠剤など
どんなものでも)を使用した方はいらっしゃいますか?

ステロイド剤を使って胎児に影響があったら
どうしようと思ってしまいますよね。

問題なのは使用量のようなんです
ということで今回はステロイドについてと
妊娠中にステロイドを使っても大丈夫なのか
ということについて書いていきたいと思います。

ステロイドはどんな薬なのか?

<ステロイドとは、人間の体内にある腎臓
その上あたりある副腎と呼ばれる臓器から
作られる副腎皮質ホルモンの1つのことです。

それを人工的に薬としたものがステロイド配合薬で
一般的に知られている塗り薬や内服薬だけでなく
注射や点鼻薬、点眼薬など種類は豊富にあります。

使用することで主に得られる効果は、体の免疫力の
抑制・皮膚や体内の炎症を抑えるといった効果があります。

この効果からアトピー性皮膚炎の治療や、アレルギー反応を
抑えるなどの働きも期待でき、妊娠中以外でも幅広く
使われている薬です。

ステロイド剤の使用は妊娠中は危険なのか?

ステロイドは妊娠中も使用できる薬です。病状によっては
ステロイド内服ですら使用しますし、むしろ安心して
使用できる薬の一つです。

なぜなら、塗り薬として利用する場合、皮膚から
ステロイドが吸収されるにしても極少量で
胎児への影響はほぼ無いからです。

これは内服薬も同様で、種類にはよるものの
1日20mgまでであれば胎児への影響はないと
されています。

皮膚の表面に塗るものだから大丈夫とも
いわれています。

ただし、妊婦さんへの安全性がはっきりと
確認されていないのも事実です。

ステロイドを使用することによる胎児への
悪影響が全くないとは限りません。

過去には、妊娠中のうさぎを用いたものでしたが
そのうさぎに7~18日間ステロイドを少量
塗り続けたところ、口蓋裂や胎児の生存率が
低下してしまったという報告がされています。

また、内服薬においては妊娠4~7週間の
時期に服用することで口蓋裂が胎児に
生じる確率が3.35%高くなるという
報告があるのも事実です。

ステロイド剤なしで症状を和らげる方法

お酢を使ってかゆみを鎮める
カワラヨモギクリームを塗る

お酢でかゆみを鎮める方法はお酢を
小さじ1杯洗面器いっぱいに張った
水の中に混ぜ、その中に患部を浸します。

もしくはコットンにお酢を直接取り
患部に塗ります。使うお酢は穀物酢が
オススメです。

これを実行すると一時的に肌がほてってきますが
それが落ち着くとかゆみが治まってきます。

カワラヨモギのクリームはアルテクリーム80g(3,200円前後)です。
こちらも湿疹に効果的とされており
アトピー患者の方がリピートして
使っているものです。

赤ちゃんの乳児湿疹にも効くそうで
出産してからも使えるのも良いですね。

やってはいけないこと

かゆみを早く抑えたいからとたくさん
ステロイドを使うこと。

たくさん使いすぎると胎児に影響を与える
場合もありますので使用量は守りましょう。

まとめ

ステロイド剤は妊娠中でも使えるものですが
それでも不安に感じる方はお酢や
カワラヨモギクリームを使ってみてください。



快適スルン