読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

インフルエンザ予防接種は妊娠中に受けれる?|安全なので受けれます

インフルエンザ

f:id:snoopyok:20170119230532j:plain

妊娠中にインフルエンザの予防接種は受けていいの?

と悩んでいませんか?

・妊娠中であってもインフルエンザの予防接種は
受けられることは一般的ですよね?
・妊娠初期にインフルエンザ予防接種を
受けてもいい?
・妊娠中のインフルの予防接種は大丈夫ですか?
水銀が気になります。発達障がいなどになりませんか?

インフルエンザの予防接種受けたいですよね。
妊娠中にインフルエンザになったら
大変ですもんね。

でもインフルエンザの予防接種が
胎児に影響があるなら怖いですよね。

問題なのは妊娠してるというと
予防接種をしてもらえない病院も
あるようなんです。

ということで今回は妊娠中にインフルエンザの
予防接種はしていいのかについで書いていきます。

妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けていいのか?

妊娠中のインフルエンザワクチン接種については
チメロサールなどの保存剤が含まれていても
すでに安全性と有効性が確認されています

なので問題なく接種できます
また、妊娠の時期に関わらず接種可能で
胎児への影響はありません。

妊娠初期に接種したがらない医師もいます。
それは、妊娠初期はまだ不安定な時期で何も
無くても流産の発生率が高い時期ですので
その時にワクチンを接種するとワクチン接種後に
たまたま流産が起きた場合にワクチンのせいだと思われたり
接種した医師に責任がある様に言ってくる人もいるので
そういうトラブルを避ける為に妊娠初期は接種しないと
いう医師もいます。

ですが、これはトラブルを避ける事を第一に考えている訳で
妊婦さんにとって一番良い方法を選んでいる訳では無いので
本来は良くない対応です。

ちゃんと予防接種の事も勉強して、妊婦さんにきちんと
説明をして納得してもらってから予防接種を行なうのが
良い医師です。

ある時期まで接種しないという医師はインフォームドコンセント
十分に行っていない、或いは面倒で行いたくないという
医師です。

また、インフルエンザワクチンの水銀が気になる
という意見もありましたがインフルエンザワクチンに
含まれる水銀はチメロサールというものです。

これは、細胞毒性のあるメチル水銀とは異なります。
また、妊婦が食べても全く問題が無いとされる量である
マグロの握り5貫に含まれるメチル水銀の量は
インフルエンザワクチンに含まれるエチル水銀の約60倍の量です。
(毒性の差は無視して単純に水銀量として比較しています)

お魚は毎週この量を摂っても問題無いとされていますので、ワクチンも
毎週60本以上摂取しても水銀量は全く問題無いという事です。

これを元に日本産婦人科学会は妊婦がチメロサール含有の
インフルエンザワクチンを接種しても安全性には全く問題無いと
ガイドラインに記載されているというわけです。

やってはいけないこと

熱があるのにインフルエンザ予防接種を
受けようとすること。

37.5度以上の発熱の場合は
インフルエンザ予防接種は受けれませんので
注意しましょう。

まとめ


妊娠中のインフルエンザ予防接種を
受けることは問題ありません。

病院によっては嫌がる医師もいますので
その病院以外を探して受けるように
しましょう。

快適スルン