読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の悩みを全て解決|楽しいマタニティライフを!

妊娠中は悩みが多いものですよね。その悩みを全て解決して楽しいマタニティライフを送りましょう。

妊娠中にカラーリングはOK?|胎児に影響はない

f:id:snoopyok:20170126212454j:plain

妊娠中にカラーリングしてもいいの?

と悩んでいませんか?

・美容院での毛染めは胎児に悪影響はありますか?
昔はカラーリングの薬剤が胎児に影響を
与えると言われていましたよね。

でも、今は胎児に影響を与えることは
ないと言われているようなんです。

ということで今回は妊娠中にカラーリングを
してはいけないいわれていた理由と
今はどうなのかについて書いていきます。

妊娠中にヘアカラーをしてはいけないと
いわれていた理由

妊娠中にヘアカラーをしてはいけないと
いわれていた理由は毛穴から薬剤が
血管を通じて、赤ちゃんに影響を
及ぼす可能性があるとされていたからです。

しかしながらこれは医学的根拠はないとされています。

現在は妊娠中のカラーリングはどうなのか?

上記に書いたとおりカラーリングを
行うことで胎児に悪影響を与える
医学的根拠はないので問題はありません。

その理由は髪からカラーの薬剤が吸収されて
赤ちゃんに害が及ぶとは考えにくいからです。

髪はすでに死んでいる組織なので何かを
吸収するというのは難しく、もし何かを
吸収するのならば毎日使っているシャンプー
やコンディショナー、整髪料まで
有害で使えないということに
なります。

ということでヘアカラーは胎児に影響は
ないので心配いりません。

ですが妊娠初期はカラー剤やシャンプーの
匂いの不快感や、肌も普段以上に妊娠中は
敏感になっています。

なので人によってはいつもは痛くないカラー中に
ヒリヒリしたり、カラーが終わったあと頭皮が
肌荒れするなどもしかしたら起きる可能性はあります。

妊娠後期になるとお腹も大きくなりシャンプー中が
苦しかったり辛かったりするので匂いが平気なら
初期でも大丈夫ですし、心配なら悪阻がおさまった
中期あたりに行くのがオススメです。

美容院には妊娠中であることを伝え
アレルギーテストをしてもらったり
途中で休憩をとってもらうようにしましょう。

やってはいけないこと

カラーリングの途中でしんどくなったのに


我慢して続けてもらうこと。

しんどいのに無理をすると赤ちゃんにも
悪影響を与える場合がありますので
しんどくなったら休ませてもらいましょう。

まとめ


妊娠中のカラーリングは胎児に影響を
与えることはありません。

ただし、妊娠初期は毛染めによって肌が
ヒリヒリしたり匂いで気持ち悪くなるかも
しれませんので妊娠中期のカラーリングを
おすすめいたします。

快適スルン

広告を非表示にする